このブログについて

3属性と京都移住生活ブログについて

ムカイヤマ(@3kyotoiju)です。

今回は、この「3属性と京都移住生活」ブログをなぜ運営しようと思ったのかをお話しします。

ブログ開設→更新→閉鎖をくり返してきた

今までも自分の日常を伝える、日記ブログを運営したことは何度もありました。

ブログのアカウントを取って、しばらく更新しては、飽きてし閉鎖して、を繰り返してました。

閉鎖せずに続ければいいのに、「いくつものマイノリティを持つ自分なんかがブログを書いたとしても、ネットのゴミになるだけで無意味だな」と考えていたからです。

ゴミは掃除しないといけないので、ブログを閉鎖するときは、アカウント毎ごっそり消していました。

(技術的には、ドメインさえわかれば、過去のログは見れてしまうんですけどね)

誰もが情報発信者になれる時代に疑問に感じたこと

ブログの開設→更新→閉鎖を繰り返していたのは、TwitterなどのSNSがまだ流行ってなかった時期の話です。

しかし、独学でWEBの勉強をして、WEBでビジネスをすることを学んで実践していると、こんな時代だからこそ、自分語りのブログを書いたほうがいいのかもしれない、と思い始めました。

現在は、Twitterがあり、facebookがあり、Instagramがあり、Youtubeがあり、誰もがかんたんに情報の発信者になれます。

この記事を書いている瞬間も、日本中いや世界中の人たちが、自分のことを世界中に発信しています。

なぜそんなに自分を発信したいのか、ずっと疑問に感じていました。

心と体の性別が一致していて
異性愛者として恋愛や結婚をして
大きな病気をしたことがなく
いつも健康で会社で勤められる

そんなどこにでもいるふつうの日本人が自分を発信しても、よっぽど強い個性がないと
ネットの世界ではいないも同然です。

WEBでビジネスをしていると、ふつうでいると埋もれてしまうことが嫌ほど思い知らされます。

ネットの世界で知れ渡らなくても、SNSやネット上で自分を認めてほしい、自己承認欲求が強いのかもしれませんね。

出る杭になりたくないのに喜んで出る杭になるの?

そんな、「私が!僕が!」という承認欲求が強い、ふつうの多数の日本人がネットで発するモノを見ていると、感じることがあります。

ふつうのままでいたいのにふつうから飛び出したいの?

個性が強いと批判も非難も受け入れる覚悟がいるよ?

喜んで出る杭になりたいの?

大丈夫?

と余計な心配をしてしまうのです。なぜ心配をするかというと、私自身が、生きてるだけで個性があるマイノリティだからです。

生きてるだけで3つの個性はたたかれた

私は承認欲が強いふつうの日本人がうらやむ3つの個性を、何もしなくても持っています。

私は承認欲があまりないので、どこにでもいるふつうの日本人で生きたかったんですけど、自分に正直に生きようとすると生きられないんです。

生きてるだけで出る杭になって、ぶっ叩かれます。心身にダメージを負います。

承認欲が強いであろうふつうの人が叩く対象でした。

ちょっと前までは、ふつうの人が偏見や差別をする対象でした。

現在もふつうの人から偏見や差別を受けることが少しはありますが、ネットやSNSというフラットな世界があるおかげで、叩かれることは少なくなりました。

私にとっては、いまよりも未来がいい時代になってきたんです。

声をあげない人に伝えられることがあるのかもしれない

でも、ふつうの人と思ってる方の中には、本当はふつうではなくて辛い思いをされている人がいます。

ネットやSNSに声をあげないけれど、人知れず悩んでいる方がいます。

もしかしたら、おこがましいですが、その方が、自身の未来のために、私の過去の経験や知識を必要とされているかもしれません。

私の3つの個性からくる経験や知識が誰かに影響を与えるのであれば、惜しみなく自分から出てくるものを発信しても、今なら大丈夫!と思えてきました。

いまは、

3つの個性があっても大丈夫。

ふつうに生きていいんだよ。

でもどうせなら「今」を楽しく生きようぜ。

このブログを見てくださる読者さんと、私自身に言い聞かせています。

そして、思い出したくない過去も、いま経験していることも、未来への思いも、そのまま等身大に伝えていこうと決めました。

ブログ・Twitter・ニュースレターについて

ブログでは、3つの個性からくる過去の経験と日常をお話しするので、ごちゃごちゃして多少わかりづらいかもしれません。

ですが、どれもカテゴリー分けすることができない私自身の事柄なので、そのまま1つのブログに書いていきます。

Twitterではどうでもいいツイートをしています(笑)。閲覧やフォローはご自由になさってくださいね。

それでは、3つの個性があってもふつうに京都市で生活してる私をのぞき見していってくださいませ!