パニック障害

自立支援医療制度を申請して医療費の自己負担をおさえよう

自立支援制度 自己負担

100均で買った保険証入れに、受給者証とお薬手帳をしまいこんでるムカイヤマ(@3kyotoiju)です。

パニック障害をはじめ、精神疾患にかかって、通院することが決まったら、すぐにでも申請していただきたいのが、

自立支援医療制度の自己負担を1割に軽減

です。

病院の普通の科に行くと、自己負担は3割です。

ですが、精神科の診察代・薬代は、自立支援医療制度の申請をして、受給者証を診察券とともに病院の受け付けで出すと、診察代・薬代が1割になります。

パニック障害を発症すると、お勤めができなくなるケースが多く、収入が減ってしまいますので、医療費はおさえたいものです。

ですので、自立支援医療制度は遠慮なく使って、医療費の自己負担を減らしましょう。

自立支援制度自己負担の上限は自治体によって違う

自立支援による自己負担は1割なのですが、当事者本人の所得の状態(市民税の課税)によって、また、市町村によっても上限金額が違います。

たとえば、私が住む京都市の場合です。

私は、非課税で本人収入が80万円以下で、かつ、精神保健福祉手帳を持っているので、

自己負担が0円

です(記事を書いている時点)。

京都市は国の基準よりも自己負担を安く設定しているようです。

自立支援制度が使える病院・薬局は1つ

自立支援制度を利用できる病院と薬局はそれぞれ1つ指定できます。

転院または薬局を変更する場合は、変更届を提出する必要があります。

自立支援制度の有効期限と更新

有効期限は1年間です。

1年毎に更新する必要があります。

更新は有効期限の3か月前からできます。

自立支援医療制度の申請に必要なもの

精神疾患で精神科に通院することが決まったら、自分から医師や病院のスタッフさんに、自立支援制度が使えるかどうかをたずねてください。

そうすると、スタッフさんから、申請に必要な書類を渡され、ほかに何が必要かを教えてもらえます。

自立支援を初めて申請する時に必要なものは、

・自立支援医療費支給認定申請書

・非課税証明書または課税証明書(役所でもらいます)

・保険証のコピー

・医師の診断書(診断書料がかかります)

・障害年金を受給している場合は、振込通知書のコピー

・印鑑

です。

医師の診断書料が3,240円(私の場合)かかるのが痛いです。。

自立支援制度の申請場所

自立支援の申請は、市区町村の福祉課か、もしくは、病院のほうから福祉課に申請してもらえる場合があります。

私の場合は、病院に申請しています。

京都市の受給者証はコレです

 

自立支援制度受給者証 自立支援制度受給者証

更新時に必要なもの

更新時に必要なものは、申請時のものと基本的には同じですが、私の場合は病院に更新申請をしてもらってるため、

・印鑑を押した更新用の書類

・非課税証明書

・医師の診断書(3,240円)

を提出しています。

病院側から有効期限が近づくと、「更新の時期ですー」といわれるので、書類と必要なものを書いた紙をもらって、あとは指示にしたがって更新をおこなっています。

病院側で更新の手続きをしてくれるので、こちらの手間が省けて助かっています。

でもやっぱり診断書料がイタイです(泣)。

収入が増えると自己負担額が変わる

収入について注意したい点があります。

当事者本人の(非課税の障害年金をのぞく)収入が年間で80万円を超えた場合、また、市民税を納めるようになった場合は、課税証明書が必要となり、医療費の自己負担の上限額が増えます。

ようは収入が増えると、医療費の自己負担が増える、ということです。

市区町村外に引っ越した場合の手続き

私自身が富山県から京都市に引っ越した時に経験しているのですが、自立支援制度を引っ越し先でも利用する場合には、引越し先の病院と役所の福祉課で新規に手続きが必要となります。

引越し先の病院、役所の指示にしたがってください。

元の住所での手続きは必要ありませんが、受給者証は返すようにしましょう。

同じ市区町村内での引っ越しの場合は、受給者証の住所変更を申請することになります。

病院の受診時・薬局には必ず受給者証を!

病院の受診時には、診察券とともに、必ず受給者証を出しましょう。

受給者証を持っていないと、自己負担が3割になってしまいます。

薬局も、お薬手帳とともに、受給者証を出すようにしてください。

通院時の荷物がかさばってしまいますけど、医療費の自己負担をおされるために、受給者証は必ず持っていくようにしてください。

冒頭にも書きましたけど、診察券・受給者証・お薬手帳は100均の保険証ケースにまとめておくと便利ですよ。

保険証ケース

1つにたたむとこのくらい。

保険証ケース

広げるとこんな感じ。

保険証ケース

お薬手帳・受給者証・高額医療制度の限度額適用認定証を入れるとこんな感じ。

自立支援制度のまとめ

自立支援制度についてまとめます。

・精神科通院が決まったらすぐに申請

・自己負担は1割または無料

・1年毎に更新

・申請と更新の診断書料が必要

・病院と薬局には必ず受給者証を出す

です。

もし自立支援制度でわからないことがありましたら、お問い合わせかTwitterで遠慮なく質問してください。

経験している範囲で回答します。

それでは、精神医療に欠かせない自立支援制度のお話でした。