LGBT/FTM

同性婚提訴(2019.2.14)をLGBT当事者がまとめてみる

同性婚 提訴

同性であるFTMがパートナーであるFTM当事者のムカイヤマ(@3kyotoiju)です。

私は、LGBTのT=トランスジェンダーであり、G=同性愛の当事者でもあります。

ですので、2019年のバレンタインデーの日に、おこなわれた同性婚の一斉提訴は、当事者の立場から見守っています。

ですが、同性婚提訴は何がどうなってるのか、よく分かってないところがあり、当事者の立場を踏まえつつまとめてみます。

原告団提訴の概要

原告は8都道府県の同性カップル13組です。

地域の内訳は、札幌3組、東京6組、名古屋1組、大阪3組です。

札幌地裁、東京地裁、名古屋地裁、大阪地裁に提訴されました。

提訴の内容

提訴の内容は

国が同性カップルの結婚を認めないのは、憲法が保障している結婚の自由や法の下の平等に反しているので違憲である。

国会が民法や戸籍法の改正などの立法措置を怠ったとして、国家賠償法に基づいて1人あたり100万円を請求する。

です。

提訴では「同性婚が認められないのは違憲ではないか?」というのが争点で、裁判所がどう判断するのかが注目されています。

同性婚と憲法は違憲?合憲?

同性カップルの結婚を認めないのは違憲だと主張するのは、憲法24条「婚姻の自由」や、憲法13条の「個人の尊厳」と「幸福追求権」、さらに憲法14条の「法の下の平等」との関係があります。

憲法を1つずつ見ていきます。

憲法24条 婚姻の自由

婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

2 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

条文にある「両性」は、男性と女性と限らない、男性と男性、女性と女性といった、「同性」も含まれるのではないか、というのが、主張です。

もし男性と女性に限ると規定するのであれば、「夫婦」といったはっきりとわかる条文である必要があります。

憲法13条 個人の尊厳

すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

異性愛のカップルが法的に婚姻ができて、同性カップルが法的に婚姻ができないという違いがあるのは、「個人として尊重されてない」という主張です。

同じ日本に住んでいて、等しく個人として尊重されるのであれば、そもそも異性愛と同性愛で違いがあってはならない、というわけですね。

憲法14条 法の下の平等

すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

「性別」によって「差別されない」という部分です。

異性愛の人と、同性愛の人とは、法の下に平等であり、差別されないという主張です。

もちろん、私のようなトランスジェンダー/性同一性障害当事者も「性別」によって「差別されない」です。

結局のところ、異性愛カップルに法的な婚姻の自由があり、同性カップルに法的な婚姻の自由がないのは、平等ではないから違憲という主張で、今回の提訴につながっています。

同性婚提訴までの流れ・これからの流れ

同性婚提訴が行なわれる前に、原告の13組のカップルは、住んでいる地域の役所に、婚姻届を出しています。

婚姻届はすべて不受理なりました。

提訴をする前に、不受理になったという「事実」を作る必要があったわけですね。戦略を持ってやっていますよね。

しかし、不受理になっても、政府も与党もピクリとも動かなかったので、提訴に踏み切りました。

というか、原告団は、政府も与党もテコでも動かないのは折り込み済で、はじめから婚姻届不受理からの提訴への流れを作っていたのだと思います。

これからの流れ

私見になりますが、同性婚訴訟は、地裁→高裁→最高裁まで続くと見ています。

地裁も高裁も、現行の法律で、同性カップルが法的に婚姻できないのは、何かしらの理屈をつけて「合憲」である、という判決を出すかもしれないからです。

原告団もはじめから最高裁まで闘う覚悟で、提訴に踏み切っているはずです。

同性婚・登録パートナーシップ制度が認められている国

参考までに、諸外国の同性婚および登録パートナーシップ制度を見ます。

同性婚が法的に認められている国

オランダ、ベルギー、スペイン、カナダ、南アフリカ、ノルウェー、スウェーデン、ポルトガル、アイスランド、アルゼンチン、デンマーク、ブラジル、フランス、ウルグアイ、ニュージーランド、英国(北アイルランドを除く)、ルクセンブルク、米国、アイルランド、コロンビア、フィンランド、マルタ、ドイツ、オーストラリア、オーストリア

台湾は同性婚が認められないのは違憲という判決が出たので、2019年5月までに同性婚が法的に認められる予定です。

登録パートナーシップ制度がある国と地域

アンドラ、イスラエル、イタリア、エクアドル、オーストリア、キプロス、ギリシャ、英国、クロアチア、コロンビア、スイス、スロベニア、チェコ、チリ、ハンガリー、フランス、ベネズエラ、メキシコ(一部の州)、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、ニュージーランド、オランダ、ベルギー

登録パートナーシップは、結婚してない同性カップル・異性愛のカップルの権利や保障を法的に国が認めています。

性同一性障害かつ同性愛当事者の複雑な心境

はじめにもお話しましたが、私は、トランスジェンダー=性同一性障害当事者であり、同じトランスジェンダーのパートナーを持つ、同性愛当事者でもあります。

同性婚訴訟の話を知るまでは、私があと胸オペをして胸を取ってしまえば、特例法の条件を満たすので、戸籍の性別変更を家裁に申してて、性別を変更して、不本意ながらパートナーと「夫婦」として婚姻するつもりでいました。

パートナーが男として生活しているのに、「妻」と法的になってしまうのは申し訳ない気持ちになります。

また、以前に、私とではなく、うちの両親とパートナーと養子縁組をしてくれないか?と両親にお願いしたこともありますが、認めてくれませんでした。

なぜ私ではなく、両親とパートナーかというと、一度養子縁組をすると、縁組を解消しても、婚姻ができないからです。

両親とパートナーの縁組であれば、縁組を解消しても私と婚姻できますから。

でも両親の理解が得られず、認めてくれないので、縁組の話は残念ながらナシです。

同性婚が法整備されたらどうする?

しかし、今回の同性婚訴訟から、のちに同性婚の成立につながって、パートナーと結婚できるのであれば、私には3つの選択肢があります。

1.胸オペしない
=戸籍の性別を変更しない
→パートナーと同性婚

2.胸オペする
→戸籍の性別をあえて変更しない
→パートナーと同性婚

3.胸オペする
→戸籍の性別を変更する
→パートナーと異性婚

同性婚の成立には時間がかかると想定しているので、今の段階では「3.異性婚」で考えています。

ですが、同性婚の法律ができたとしたら、その時に、同性婚か異性婚を考えようと思います。

今の私とパートナーは、8年以上一緒に住んでいても他人同士であり、何の法的恩恵も受けていません。

すぐにでも結婚したいのに、結婚できないのがくやしいです。

同性婚をめぐる諸問題

同性婚が成立したとしても、異性愛カップルには恩恵はないですし、日本が大きく変わるとか、国民が大きく変わるとかはないと思います。今まで通りの日常が続くだけです。

同性カップルが問題なくふつうに法的恩恵を受けられるだけです。

少子化と人口減少は多数派の異性愛の人たちの問題

また、少子化と人口減少の問題は、異性愛カップルが多数派である日本全体の大きな問題です。

大多数の異性愛の人たちが何とか対策を取らないといけないはずなのに、ぜんぜん対策ができていません。問題ばかりが噴出しています。

それと、人口の10%もいない同性婚の法律が成立したとしても、少子化に影響は与えません。

残り90%の異性愛の人たちが、安心して子どもを産んで育てられるように、太っ腹な対策を取らないと、少子化の問題は続き、人口は減り続けるでしょう。

子どもを生んで育てる自由と子どもを持たない自由は、どちらも等しく尊重されるべきで、「子どもを生んで育てる」と選択した人たちに良い環境を作ってあげてほしいです。

もっというと、結婚制度そのものも見直したほうがいいのかもしれません。結婚したくてもできない異性愛の人たちはたくさんいます。

ですから、今回の同性婚の成立は、「結婚」について考える良い機会なのだと思います。

同性婚への批判は関心を持たれているのでヨシ

また、日本の一定数の方が、同性婚や同性愛当事者に対して、差別・批判・誹謗中傷を、私のような当事者本人に会って直接ぶつけるのではなく、ネット上で騒ぎ続けると思います。

多数の方は、自分のことで精一杯で、同性婚や同性愛当事者に対して、静かに見ているのではないかと思います(サイレントマジョリティがほとんど)。

また、家族、友達、身近な人に当事者がいたら、個別で話を聞いてるはずなので、今回の訴訟を静かに見守っていると思います。

同じ日本人である私も知らないところで、直接またはネット上で、知らない誰かを傷つけてしまっているかもしれません。

私も人のことは言えないので、思想や表現の自由から、ネットで騒ぎ続ける人に対してやめてくれとは言いません。

賛成であれ、反対であれ、関心を持ってもらえるだけでも、時代は進んだなと前向きに見ています。

以前は、関心すら持たれていませんでしたから。

私の同性婚訴訟への姿勢

私自身は、同性婚訴訟からの同性婚成立までは、時間がかかると思っていて、ほどよく感情的に、ほどよく客観的に見守り、応援していく姿勢です。

生きている間に、同性婚の訴訟が行なわれるとは思ってもみませんでした。

同性婚訴訟への支援

今回の同性婚訴訟を支援する3つのサイトを紹介します。

よかったら覗いてみてください。

一般社団法人Marriage For All Japan
結婚の自由をすべての人に

訴訟の弁護団による社団法人です。

change.org
同性婚の法制化を、内閣総理大臣・法務大臣・国会に勧告してください。

訴訟を応援する賛同の署名をすることができます。

NPO法人 EMA日本
同性結婚に賛同します!ネット署名

こちらでも訴訟を応援する賛同の署名をすることができます。

Readyfor
日本で同性婚を求める訴訟を応援してください!

クラウドファンディングです。3000円から支援できます。

同性婚訴訟は長引くと思いますが、見守り、応援していきます。

それでは!